本拠地メイクをするときに、どんなに厚塗りにならないようにシミ・ソバカスを包み隠すかということを考えてメイクをしています。メイクのなかで至高時間をかけるのは本拠地メイクだ。

最初は手当てとしてとことんファンデーションを重ねていたんですが、そうするとなかなか厚塗りになってしまって老けた認識になってしまってました。メイク狂いもし易いだ。

厚塗りとしているとメイクアジャストも大変で、夕方になると皮脂を吸ったファンデーションがだんだんとくすんできて顔付きが暗く見えてしまってました。

こういう危険の改変をするために正しくコンシーラーを使ってシミ保障を通していらっしゃる。現に使うようになってから頬は薄添付でしあげながら危険は必ず保障!というのができるようになりました。

コンシーラーは今はスティックタイプを使っています。スティック集まりの良いところは肌にじか塗りできるのなんといっても保障勢いの高さ!

塗った後のなじませ方を間違えると何とか塗ったのに意味がなくなってしまうのがコンシーラーだ。隠したいショップを至高濃く記したいので広める時折友人だけ!間違ってもコンシーラーを全体的に肌になじませてはいけません。

付け方をマスターすればナチュラルだけれど危険はバッチリカバーしたきれいなベースメクができるので練習して下さい♪http://www.ing-bn.com/